終了セミナーレポート(詳細)

終了したセミナーのレポートです。

導入手技セミナー

【対象】
千葉県内で勤務する訪問看護師および訪問看護師を目指している方
【募集要件】

-

【開催場所】
千葉大学医学部附属病院 教育研修棟1階 千葉県医師キャリアアップ・就職支援センター 千葉大学クリニカル・スキルズ・センター
写真1 写真2 写真3 写真4

 6月20日(土)梅雨の晴れ間、13時から15時まで、千葉大学医学部附属病院 教育研修棟1階 千葉県医師キャリアアップ・就職支援センター(千葉大学クリニカル・スキルズ・センター)において訪問看護師を対象とした「在宅医療のための専門職連携講座」を開催いたしました。県内の訪問看護ステーション、病院、大学より看護師、栄養士、栄養学科の学生12名が参加し在宅医療のためのケアと栄養指導について学びました。
なごやかに試食をしたあと、基調講演は県立保健医療大学看護学科の平尾由美子による「在宅患者の爪白癬」で、最新の研究結果を紹介いただきました。
また「栄養状態が維持できない患者に対するアプローチ」では参加者みなでグミを噛んで、噛む力、噛む回数、飲み込みやすさについて体験してきざみ食に対する理解を深めたり、「退院後も続ける生活習慣病食事療法」では市販の減塩食を値段も含めて紹介し、患者さんへ説明方法を学んだりと、栄養学の研究成果を現場で役に立つように紹介する分かりやすく楽しい講義でした。
講義終了後は、参加者が現場で抱える悩みを発表し、それに対し、講師や他の参加者がアドバイスをするなど、活発な意見交換があり、良い学びの時間となりました。