終了セミナーレポート(詳細)

終了したセミナーのレポートです。

導入手技

【対象】
リハビリテーションスタッフ
【開催場所】
千葉大学医学部附属病院 教育研修棟1階 千葉県医師キャリアアップ・就職支援センター 千葉大学クリニカル・スキルズ・センター
写真1 写真2 写真3 写真4 写真5 写真6        

12月20日、午後1時から4時間、千葉大学医学部附属病院耳鼻咽喉科・頭頚部外科の茶薗先生と、呼吸器内科の杉浦先生によるリハビリテーションスタッフを対象とした気管吸引ハンズオンセミナーが行われた。
参加者は作業療法士や言語聴覚士、歯科衛生士など多岐にわたっており、最初の2時間は茶薗先生による講義が行われ、後半2時間は杉浦先生による呼吸音聴診が加わり、気管吸引との2グループに分かれての実習が組まれた。
Aグループ気管吸引は、吸引シミュレーターQちゃん・模擬痰・カニューレ・吸引器などを使用して、実地に即して看護師の方々が中心となって行われた。 Bグループ呼吸音聴診では、ミスター.ラングやイチローを用いてそれぞれが聴診器を携え、様々な症例を比較検証しながら、現場での質問も交えて、終始、活気のあるセミナーとなった。