終了セミナーレポート(詳細)

終了したセミナーのレポートです。

導入手技

【受講生】
千葉県内の病院に勤務するストーマケアの経験がある看護師 20名
【講師】
千葉大学医学部附属病院 江幡智栄 千葉県がんセンター 實方由美 千葉メディカルセンター 伊藤かおり
【開催場所】
千葉大学医学部附属病院 教育研修棟1階 千葉県医師キャリアアップ・就職支援センター 病室シミュレーション室、レクチャー室
写真1 写真2 写真3 写真4        
内容
昨年度のアンケートから多くの希望があった、「ストーマケア」セミナーが2年振りに行われました。セミナー前半では、ストーマの基礎知識や患者さんにとって納得する装具選択のアセスメントポイントなどを学んだ後に、後半では、4つのグループに分かれ2つの症例を話し合いながらアセスメントシートを創り上げ、最後にみんなでコメントを交わし合うなど、終了後も質問が飛び交う活気のある1日となりました。
受講生の声
「ストーマ(型・腹壁の状況)などに合わせてどのような手技・工夫が必要か、もっと知りたくなった」
「手術直後だけでなくストーマをしている患者さん皆さんに対して、今後介入できるケアの内容であった」
「アセスメントの方法など、様々な視点から改めて学ぶことができた」