知事挨拶

千葉県では、高齢者人口の急増に伴う医療需要の増加が見込まれており、安心で質の高い医療提供体制を確保するための医療人材の確保が必要不可欠となっています。

こうした中、NPO法人千葉医師研修支援ネットワークでは、「千葉県で若い医師を育てよう!」との熱い思いから、千葉県医師会と民間病院、自治体病院、大学病院など、県内のあらゆる病院が連携・協力し、地域全体で医師を育成していくための様々な事業を展開されておられます。

また、千葉県がNPO法人千葉医師研修支援ネットワークに委託して開設した「千葉県医師キャリアアップ・就職支援センター」では、医師の技能研修をはじめとする臨床能力向上を目指す各種セミナーの開催や、「千葉県ドクターバンク」事業、学生向けセミナーや県内の臨床研修病院及び専門研修基幹施設の紹介など、様々な取組を行っているところです。

医学生や医師の皆さんには、是非このネットワークに御参加いただき、高度な先端医療から地域に根付いた全人的な医療まで、千葉県において幅広く学ばれることを期待するとともに、このネットワークを通じたかけがえのない仲間やすばらしい指導医の先生方との出会いによって、充実した研修期間を過ごされることを切に祈っています。

医学生や医師の皆さんには、是非とも将来も千葉県に残り、皆さんの力を千葉県の医療に注いでくださいますよう、県民を代表してお願い申し上げます。

県民の皆様が必要な医療を受けながら地域で健やかに暮らし、「くらし満足度日本一」を実感することができるよう、皆さんと一致団結し「オール千葉」で取組を推進したいと思っています。

結びに、NPO法人千葉医師研修支援ネットワークの御発展と、医学生及び医師の皆さんの今後のますますの御活躍と御健闘を祈念して、あいさつといたします。

令和2年5月
千葉県知事  森田 健作